日時 3月20日(金)10:30~16:30
講師 岩﨑仁弥
会場 日本教育会館
会場詳細 地図はこちら→http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html
受講料 ①一般: 19,000円
②『ビジネスガイド』・『SR』・『社労士Ⅴ』定期購読会員: 16,000円 
③SJS会員:14,000円
テキスト A,よくわかる「多様な正社員制度」と就業規則見直しのポイント
B,オリジナルレジュメ・資料(当日会場にて配布いたします)
定員 60名
お申し込み http://www.horei.co.jp/sjs/seminar/detail.html?seminar_id=88&PHPSESSID=c691dbd0807ea6b609687249f416f362
カリキュラム 1 改正パートタイム労働法の解説と実務上の留意点
・法改正の概要と重要ポイント
・パートタイマ―就業規則の必要性
・モデル就業規則と実務上の留意点

2 多様な正社員制度の解説と就業規則見直しのポイント
・多様な正社員制度が注目される理由
・多様な正社員制度構築の視点
・就業規則見直しのポイントと運用上の留意点
セミナー概要 近年,働き方の多様化や就業構造の変化に伴い,パートタイム労働者は雇用者総数の約4分の1を占めています。パートタイム労働者の中には基幹業務を行う者も増えており,その働き方も多岐にわたっています。
また,限定正社員制度の導入に助成金を新設する等,今,職務等に着目した「多様な正社員」モデルの普及が推し進められています。現代の働き方にマッチした魅力ある制度ですが,これらを正しく機能させるためには,就業規則の整備が不可欠です。
本セミナーでは,平成27年4月1日より施行される「改正パートタイム労働法」と国が普及を進めている「多様な正社員制度」について,労務管理上のリスク管理や就業規則への落とし込み方,法律上の留意点,運用上の留意点等について,社労士がクライアントへわかりやすく伝える説明の技法も交えつつ,丸一日かけて解説いたします。